2008年07月23日

[es] お客様の大事な情報はメールで保存

クライアントさんの中にはいわゆる暦でいうところの通常の休日=日曜日以外が休日の場合があります。

また、製造業などは祝日=休業ではなかったりします。

それから営業時間も曜日によって違う業種があったりします。

それらのクライアント様にお電話する時間には結構気を使いますが、コントロールする業種が多岐にわたると、なかなか覚え切れません。

一定のルーチンで繰り返し休みが来る場合は、予定表に入れてしまいますが、営業時間など全て入れていくと予定表がかなり「五月蠅く」なってしまいます。

で、以前はpalmマシンのメモ帳にいれて「検索」をしてサクッと表示させていましたが、ad/[es]だと結構ツライ。

そこでとった方法は「W-ZERO3メール」の下書きに宛先を入れずに、これらの情報を入れて参照すると言うもの。

この方法には思わぬ効果もあります。

というのも、一度開くと「(変更しなくても)変更をするか?」と尋ねられて、その内容が上部に移動するということ。

「頻繁に使う情報は常に上部に来る」

これは超整理法の「押し出しファイル」システムに似た効果があります。

ですから、例えば「第何期の当期利益はいくら」と言った役員会などで参照したい情報なども入れておけば検索せずともサクッと参照できます。

唯一注意しなければならないのは謝って送信しないようにすること。

最近はこれを避けるために「あり得ない宛先=komonsaki@zyouhou」など適当に入れておいて送信されてしないよう予防線を張っています。
posted by palm介 at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。