2008年03月04日

[p]うれし、楽し、だ〜ぃすぅき!(続、m515が言うことを聞いてくれない)

m515が言うことを聞いてくれない予兆とは・・・。

それは、その日の朝の出来事。

我が社の新入社員(新卒枠だけど新卒ではない・・・なんだそれ?)のうら若き乙女(古!)が私の隣に来て一言。

乙女:「O社の訪問予定なんですが○月×日の午後6時半くらいでいかがでしょうか」

私:「う〜ん(と、activesync中のadvancedW-ZERO3[es]を横目で見ながら、こりゃ参照できんわいと、隣のm515を手に取って)その日は・・・」

乙女「あ!palmですね。」

私「おぉ!palmを知っているの?」

乙女「(すっと私の手を握り☆/(x_x) バキ!、m515を手にとって)これ、良いですよねぇ、きれいで、スマートで、欲しかったんですぅ」

私「あ、あげるよ!(違!っ)・・・・なんでpalm知ってるの?」

乙女「だってZaurusとか・・・」

私「(お!今度はZaurusが出た!)、うんうん(^^)」

乙女「でも、ケータイで間に合うことがわかっちゃったんだもん」

(ノ-o-)ノ ┫ダ〜〜〜〜

よしここは押しの一手だ!

私「(デスクの下を指さして)ほ〜らこんなにここにあるよっっっ・・・・」

乙女の目が「・・・・・鳩が、鳩が、ハトがぁ〜」と・・・、そして一言。

乙女「なんでこんなところに、こんなにいっぱいあるんですか!」

私「あ、いや、その・・・・」

会話が続きませんでした。

しかし、20代前半の乙女の口からpalmという単語が出てきたのには驚いた。

まぁ、彼女の前職は巨大ケータイキャリアの営業職。

smartphoneという単語も、M1000についても相当御存知の様(以前M1000の話しをしたときに「古!」と一蹴されました)。

こんな会話を交わした後でした、m515がsync出来なくなったのは。

しかし、「ケータイで間に合うことがわかっちゃったんだもん・・・もん・・・もん・・・」この言葉私の耳から離れないこと半日。

今度じっくり「ケータイで間に合わない」ことを説明してあげまっしょっ。

しかし、m515君・・・そんなに急に拗ねなくってもよさそうなもんですが。
posted by palm介 at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内容から誰かはわかるかと。

乙女「きれいで、スマートで、欲しかったんですぅ」
  ↓
Palm介さん「いや、君の方がキレイでスマートだよ!」
  ↓
Palm介さん「(デスクの下を指さして)ほ〜ら見てごらん♪」

 セクハラ訴訟になるな...と思いながら話を聞いていましたとさ。(笑

 ちなみに、電車内での話の続きは、超繁忙期が過ぎたころにメールします。
Posted by アレなので敢えて匿名 at 2008年03月04日 14:03
いやぁ、やっぱり○○ハラ寸止めってところでしょうか。
しかし、なかなか良いものですよ。
まるでピラミッドを造った者がそれから何世紀も経った後に「やっぱりピラミッドって良いですよねぇ、ロマンがあって、壮大で、人類の無限の可能性を感じられて」とでも言われたかのような錯覚に陥ります。(違!)
でも、m500シリーズのスマートさは世代を超えて理解されるものなんですよね。
Posted by では私も翻って匿名・・・ at 2008年03月06日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。