2008年04月17日

[p] HiMakeDocとjaponica

HRCapt20080407130803.JPGadvanced/W-ZERO3[es]などWMOSのマシンを使っていて良いなぁと思うのは、例えば予定表のメモ欄の文字数制限がないこと。

これを「検索」の為にTH55/E1にsyncしても途中で切れてしまいます。

で、最近はこれ。

私の使い方は
1、予定表の時間の指定のない予定欄に「キーワード」を入力(これは時系列での単純なヒューマン検索が可能になるので「大体何日前くらい」とか、数日遡れば、「検索」を使わなくても探せることから、予定表に入れています)。

2、その予定表のメモ欄に「webなどで検索した内容を貼り付ける」(テキストとしてです)。

3、すかさずHiMakeDocを立ち上げて、そのテキストをdoc形式に変換するために貼り付けて・・・。

4、TH55/E1とhotsync。

5、必要なときには陰郎さんのjaponicaで閲覧。

この組み合わせ最高です。

じっくり探せるときは、advanced/W-ZERO3[es]のPocketInfomantの検索で探しますが、急いでいるときはTH55/E1でjaponicaを立ち上げて作成した日付であたりをつけて確認をします。

残念ながらTH55/E1の検索に引っかからないのが惜しいところですが、ファイル名が作成日時(ここでも残念なのが年月日ではなく月日時間というところ)なので以外と当たります(占いみたいな表現ですね)。

もう少し運用方法をスマートにできればよいのですが、当面はこの運用でやってみます。
posted by palm介 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93705960

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。